スーパーマーケット検索情報口コミサイト[Supama]

ネットスーパー・食材宅配サービス口コミ比較

スーパーマーケット > 6月が旬の食材(野菜・果物・魚)


6月が旬の食材(野菜・果物・魚)

6月が旬の野菜

明日葉(あしたば)
明日葉はセリ科の多年草です。バランスよくビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富に含まれています。 また、血液をサラサラにする効果もあり、美容にも健康にも良い野菜です。
アスパラガス
アスパラはまさにビタミンの宝庫です。ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、ビタミンE、葉酸、アスパラギン酸など を含み、生活習慣病の予防にはたらく野菜としても、美容効果の高い野菜としても人気の野菜です。
隠元豆(いんげん)
いんげんはとても栄養価の高い食品です。カルシウム、鉄、亜鉛、などのミネラルを豊富に含んでいます。また食物繊維が多く、疲労を回復する作用があるビタミンB1、動脈硬化や血栓を防止するビタミンB2などのビタミン群、β-カロテンやビタミンCもたっぷり。豆の部分に含まれているたんぱく質には、必須アミノ酸が多く含まれ栄養満点です。いんげんはとても栄養価の高い食品です。カルシウム、鉄、亜鉛、などのミネラルを豊富に含んでいます。また食物繊維が多く、疲労を回復する作用があるビタミンB1、動脈硬化や血栓を防止するビタミンB2などのビタミン群、β-カロテンやビタミンCもたっぷり。豆の部分に含まれているたんぱく質には
枝豆(えだまめ)
枝豆は大豆が未熟な状態で収穫したものですが、栄養価は大豆と同じぐらい高いです。畑のお肉といわれる大豆と同じように良質なタンパク質が多く含まれています。また大豆にはないβカロテン(ビタミンA)、ビタミンC、ビタミンB1などのビタミン類が豊富です。「ビールのおつまみ」のイメージが強いですが、二日酔いを防止するだけでなく、夏バテ対策にも作用しますので、ぜひおすすめしたい食品です。枝豆は大豆が未熟な状態で収穫したものですが、栄養価は大豆と同じぐらい高いです。畑のお肉といわれる大豆と同じように良質なタンパク質が多く含まれています。また大豆にはないβカロテン(ビタミンA)、ビタミンC、ビタミンB1などのビ
陸蓮根(おくら)
陸蓮根の独特のネバネバは、水溶性の食物繊維「ペクチン」。ペクチンには腸の動きを整え、コレステロールや血圧を下げる作用があります。またこのネバネバにはガラクタンという成分が含まれおり、脳細胞を活性化させボケを防いだり、免疫力をアップする働きがあるそうです.。他にも、カルシウム、鉄、カロチン、ビタミンCを含んでいて、夏バテ解消にはぴったりの食品です。陸蓮根の独特のネバネバは、水溶性の食物繊維「ペクチン」。ペクチンには腸の動きを整え、コレステロールや血圧を下げる作用があります。またこのネバネバにはガラクタンという成分が含まれおり、脳細胞を活性化させボケを防いだり、免疫力をアップする働きがあるそうです
木耳(きくらげ)
コリコリした歯ごたえが特徴。 また、ビタミンD量が豊富。ビタミンDには骨粗鬆症や骨軟化症の予防効果があります。また、水溶性食物繊維も豊富で糖尿病を予防やコレステロール値を下げたり、便秘や大腸癌、肥満の予防作用があります。さらに、鉄分はレバーの3倍という、びっくりな野菜なのです。
キャベツ
春を中心に出回る春系キャベツは、内部まで黄緑色を帯びてみずみずしく甘くて、生食用として味は最高。ビタミンCや食物繊維を含んでいて、胃腸を元気にする作用もあります。
胡瓜(きゅうり)
胡瓜の主成分は大半が水分ですが、ビタミンA・B群・Cや、カルシウム・カリウム・鉄などのミネラル、食物繊維をバランス良く含んでいます。カリウムには塩分を体内から排出する効果があり、むくみ解消作用があります。また、水分がとても多いので、体を冷やす作用もあるので、夏の食品としても人気です。胡瓜の主成分は大半が水分ですが、ビタミンA・B群・Cや、カルシウム・カリウム・鉄などのミネラル、食物繊維をバランス良く含んでいます。カリウムには塩分を体内から排出する効果があり、むくみ解消作用があります。また、水分がとても多いので、体を冷やす作用もあるので、夏の食品としても人気です。
グリーンピース
グリーンピースはエンドウ豆の未熟の種子を食用としたもの。未成熟とはいっても栄養素は高く、βカロテン、ビタミンCはえんどう豆よりも高いです。また、免疫力を高める効果があり、ガン予防、老化防止、美肌効果などが期待できます。
クレソン
和名は「オランダがらし」とか、「西洋ぜり」等といわれています。ビタミン・ミネラルが豊富です。またシニグリンが含まれており、食中毒の予防などに効果的で、血液酸化防止効果もあります。
さやえんどう
さやえんどうは、えんどう豆が未熟なうちに、さやのまま食べる緑黄色野菜。さやえんどうは、別名「絹さや」とも呼ばれている。ビタミンC、ビタミンKが豊富で免疫を強化し風邪を予防する働きがあります。
山椒(さんしょう)
独特のピリッとした辛味と香りがある山椒ですが、この辛味成分「サンショール」「サンショウアミド」と香り成分は「ジペンテン」「フェランドレン」には、消化促進や鎮痛、消炎作用があります。6月は実山椒が食べごろです。抗菌効果もあるので、食中毒の予防にも作用します。独特のピリッとした辛味と香りがある山椒ですが、この辛味成分「サンショール」「サンショウアミド」と香り成分は「ジペンテン」「フェランドレン」には、消化促進や鎮痛、消炎作用があります。6月は実山椒が食べごろです。抗菌効果もあるので、食中毒の予防にも作用します。
獅子唐辛子(ししとう)
獅子唐辛子は、ビタミンCが大変豊富に含まれています。ビタミンCには免疫力を高めて、疲労回復させる効果があるので、夏バテにはピッタリの食材です。また、ビタミンC以外にもカロチン、カリウム、食物繊維が含まれおり、カロチンは老化防止に。カリウムはむくみに。食物繊維は便秘に。と女性にはうれしい効果がある食べ物です。獅子唐辛子は、ビタミンCが大変豊富に含まれています。ビタミンCには免疫力を高めて、疲労回復させる効果があるので、夏バテにはピッタリの食材です。また、ビタミンC以外にもカロチン、カリウム、食物繊維が含まれおり、カロチンは老化防止に。カリウムはむくみに。食物繊維は便秘に。と女性にはうれしい効果が
紫蘇(大葉)(しそ(おおば))
紫蘇(大葉)は、日本の伝統的なハーブです。香りは食欲促進効果があり、ミネラルやビタミンなどの栄養価も豊富に含んでいます。また、ロズマリン酸には血糖値の上昇を抑え、血液をサラサラにし、体脂肪を下げる効果があります。老化防止成分であるアルファーリノレン酸も豊富に含まれています。骨や歯を丈夫にするカルシウム、貧血を防ぐ鉄、ナトリウム(塩分)を排出し高血圧・むくみを予防するカリウム、ビタミン類も多く含まれているスーパー野菜です。紫蘇(大葉)は、日本の伝統的なハーブです。香りは食欲促進効果があり、ミネラルやビタミンなどの栄養価も豊富に含んでいます。また、ロズマリン酸には血糖値の上昇を抑え、血液をサラサラ
じゃがいも
実は、じゃがいもはでんぷん質が豊富でカロリーはお米の半分しかない、ヘルシー野菜。さらにビタミンB2やビタミンC、それに食物繊維も豊富です。特に春のじゃがいもは新じゃがと言われてとっても美味しいです。しっかり洗って皮ごと食べましょう。栄養成分をあますところなく摂取することができます。
新生姜(しんしょうが)
新生姜はまろやかな辛味と柔らかくみずみずしいのが特徴ですが、辛味成分のジンゲロンには抗菌・殺菌効果、ガン予防、食欲増進効果があります。また脂肪代謝を促すことで体を温める効果があり、冷え性解消にも作用します。ニンニクやタマネギ並みに血液の凝固を防ぐ作用があるがわかり、動脈硬化の原因である血中コレステロールを減少させ、血圧を下げるなどの作用もあります。新生姜はまろやかな辛味と柔らかくみずみずしいのが特徴ですが、辛味成分のジンゲロンには抗菌・殺菌効果、ガン予防、食欲増進効果があります。また脂肪代謝を促すことで体を温める効果があり、冷え性解消にも作用します。ニンニクやタマネギ並みに血液の凝固を防ぐ作用
ズッキーニ
胡瓜に似ていますが、かぼちゃの仲間です。食感はなすに似ています。ズッキーニには、カリウム、カルシウム、鉄、カロチン、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2などが豊富に含まれいます。高血圧予防、心筋梗塞予防、脳梗塞予防、動脈硬化予防の作用があります。特徴的な栄養素はありませんが、血圧を下げる効果が期待できるカリウムや抗酸化作用のあるβカロテンなどバランスよく栄養成分が含まれています。
薇(ぜんまい)
薇は、ビタミン類が豊富で抗酸化効果や免疫力を高める食べ物です。また、食物繊維も沢山含んでいるので便通や整腸作用もあります。漢方やお薬などにも使われいます。
空豆(そらまめ)
空豆には、たんぱく質、ビタミンB1、B2、C、銅、鉄、カリウムなどがバランスよく含まれています。特にビタミンB2は、大豆の次に多く含まれています。また空豆の薄皮は食物繊維を多く含む部分です。固くて嫌がる人も多いですが、旬のものは比較的やわらかいので、できるだけ食べるようにしましょう。
蔓紫(つるむらさき)
蔓紫は大変栄養価の高い緑黄色野菜です。 カロチン 食物繊維 ビタミンB群 カルシウム ビタミンC 鉄などを豊富に含み、その栄養価は法蓮草よりも優れています。疲労回復や高血圧予防、むくみの改善、大腸がん予防、骨や歯を丈夫にし骨粗鬆症を予防、貧血の予防など栄養満点で健康野菜です。
とまと
とまとの栄養といえばリコピンが有名ですが、他にもたくさんの栄養素が含まれています。ビタミンA、 ビタミンC、ビタミンE、リコピン、カリウム、食物繊維、鉄分、カルシウム、クエン酸など豊富に含まてれいます。また、真っ赤なとまとの赤はリコピンの赤なのですが、リコピンには抗酸化作用がとても強く、生活習慣病予防や老化抑制にも作用するそうです。
にんにく
にんにくは独特な香りによって敬遠する人も多いけど、その香りには食欲増進効果があり、味にもコクを与えてくれます。また糖質を分解するアリシンを含んでいるので、疲労回復や体力増強に効果があります。古くから滋養強壮効果が見出され薬としても利用されています。
野蒜(のびる)
野蒜はユリ科ネギ属の多年草で、野原や山野に自生しています。ビタミンEを多く含み、強壮に効果があります。胃腸を壮健にし、体を温める効果もあります。またビタミンE以外のビタミンやミネラル、葉酸などもバランスよく含みます。ガンや細胞老化を予防する効果あります。疲労回復にも役立つので、夏バテ対策食材としてもおすすめ。
葉生姜(谷中生姜)(はしょうが(やなかしょうが))
葉生姜は、根(茎)が細くみずみずしいものがとても美味しいです。抗菌・殺菌効果、ガン予防、食欲増進効果・血行促進作用のある辛味成分ジンゲロンや、抗酸化作用のある香り成分ショウガオールを含んでおり、他にもカルシウム・ナトリウム・カリウム・マグネシウム・リン・ビタミンB・ビタミンC ビタミンE・亜鉛・ナイアシンなどの成分が含まれています。
パプリカ
色鮮やかなパプリカには栄養がたっぷり。赤と黄色では赤のほうが栄養価が高く、一番栄養価が高いのはオレンジです。抗酸化作用のあるビタミンA・C・Eが豊富ですが、最近注目の栄養素「ビタミンP」も含まれています。ビタミンPには、毛細血管を強化する作用や、血圧上昇を抑える作用、血中中性脂肪の分解作用などがあります。またビタミンPは、熱に弱いビタミンCを守る働きもあるので、加熱してもビタミンを損なうことなく摂取することができます。
ピーマン
ピーマンはビタミンが豊富な野菜です。特にビタミンCはレモンと同等以上。さらにビタミンPが含まれているので、加熱してもビタミンCが破壊されることがなく摂取することが可能です。夏の日焼け対策にも効果的。また、ピーマンの緑色成分葉緑素(クロロフィル)は、コレステロールが血管に付着するのを防ぎ、体外に排出する作用があります。
茗荷(花茗荷)(みょうが)
茗荷のおもな栄養成分はカリウム、αピネン、アントシアニンを含んでおり、高血圧予防、心筋梗塞予防、脳梗塞予防、動脈硬化予防、食欲増進、冷え症解消作用があります。また、香り成分であるαピネンには血行促進して体を温める効果があるといわれています。
辣韮(らっきょう)
辣韮は食物繊維が多く含んでおり、特に水溶性の食物繊維が豊富。便秘解消だけではなく、血液中の中性脂肪とコレステロール値が低下する作用があります。また、辣韮独特の香りは、硫化アリル類という成分でビタミンB1の吸収を高め、血液を浄化してさらさらにしてくれます。さらに、すぐれた保温効果を発揮し、下痢や腹痛などを解消し整腸効果があります。
レタス
シャキシャキした歯ごたえのレタスは、90%以上が水分ですが、ミネラルやビタミンなどの栄養が豊富に含まれています。整腸作用・食欲増進・不眠予防・高血圧予防の効果が期待できます。
ネットスーパー・食材宅配サービス口コミ比較

6月が旬の果物

杏子(あんず)
杏子は旬の時期が短い果物です。Bカロテンは他の果物よりも非常に多く含まれます。Bカロテンは体内に入るとビタミンAに変換され、抗酸化作用や粘膜保護作用があるといわれています。またクエン酸やリンゴ酸、カリウムなども含みます。杏子は干されて干し杏子になるとその栄養価が3倍になり、保存食として貴重な栄養源となります。
梅(うめ)梅干(うめぼし)
梅干しや梅酒で馴染みが深い梅ですが、梅にはたくさんの作用があります。梅は生食できないので、梅酒や梅干し、梅酢などにして食べられるのが一般的です。梅には、カルシウムやカリウムなどのミネラル、クエン酸やリンゴ酸などの有機酸、それにビタミン類が豊富に含まれており、疲労回復や虚弱体質改善、動脈硬化防止、肝臓への脂肪沈着抑制、高血圧予防の効果があります。殺菌作用も強いので、この時期のお弁当にはかかせません。
キウイフルーツ
キウイフルーツはビタミンC、Eが豊富に含まれています。ビタミンCには風邪予防や疲労回復、肌荒れも効果あり。さらにアクチニジンも含まれているからお肉や魚の消化を助けてくれる、まさにキウイフルーツはスーパーフルーツなのです。
桜桃(さくらんぼ)
桜桃はブドウ糖などの糖質が主成分となっていますが、カリウム、鉄、などのミネラル成分、カロチン、ビタミンB1、B2、Cなども少しずつ含まれています。また酸味成分であるリンゴ酸、クエン酸、酒石酸、コハク酸などの有機酸を含んでおり、疲労回復や食欲増進、血行促進に効果的に働く作用があります。
夏蜜柑(なつみかん)
みかんに比べてクエン酸の量が倍も含まれています。また、オーラプテンという香りの成分が多く含まれており、発癌抑制効果があります。さらに夏蜜柑の皮にはビタミンCがたっぷり。実よりも多く含まれています。だからママレードとか皮ごとジュースなどがオススメです。
パイナップル
パイナップルには、糖質の分解を助け、代謝を促すビタミンB1や疲労回復や夏バテ、老化防止などに効果のあるビタミンCやクエン酸など栄養が含まれています。また、タンパク質分解酵素のブロメリンは、脂っこい料理を食べた際に効果があります。
枇杷(びわ)
旬が短い枇杷ですが、その栄養価はとても高いです。免疫力を高めるビタミンA(カロテン)が果肉に豊富に含まれ、このビタミンA(カロテン)には発ガン抑制作用もあります。また、ポリフェノールの一種である「クロロゲン酸」も含まれおり、がん予防やウイルス疾病予防(インフルエンザ予防)に効果があると期待されています。
マンゴー
マンゴーには、Bカロチン、ビタミンA,ビタミンC,カリウム、葉酸などの栄養素がバランスよく含まれています。ビタミンAは視力の低下や疲れ目予防に作用します。
メロン
メロンにはビタミンCやカロチン、ミネラル、ブドウ糖、ショ糖が豊富に含まれています。カリウムは塩分の排出を促す作用があり、体内の水分バランスを整えます。またぶとう糖やショ糖は吸収が早く疲労回復効果があります。価格が高いだけではなくメロンは栄養価も高いです。
ネットスーパー・食材宅配サービス口コミ比較

6月が旬の魚

鯵(あじ)
子供の成長や健康の維持、美肌に効果的なビタミンA・B・E、カルシウム、カリウム、タウリンなど栄養素が豊富に含まれています。またDHA(ドコサヘキサエン)やEPA(エイコサペンタエン)のような不飽和脂肪酸を多く含んでいて、脳や神経組織の発達を活性化します。また、コレステロールを低下させる作用もあります。
鮎(あゆ)
香り豊かな鮎は、別名「香魚」ともいいます。その身は大変栄養価の高い魚です。バランスとれたビタミン類が豊富に含まれており、カルシウムはイワシの3倍です。イライラ、肩こり、不眠や脚気の予防や老化の進行を抑制し、生殖機能を高める作用もあります。夏バテにも効果がある旬のお魚です。
伊佐木(いさき)
消化のよいタンパク質とビタミンA群・B群・Dを豊富に含んでおり、特にビタミンDはカルシウムの吸収を助けてくれるので、骨の成長を促します。また、高血圧やむくみを予防するのに効果的なカリウムもばっちりはいってます。立った栄養はないのですがバランスのとれた栄養が魅力的な魚です。
鰯(いわし)
鰯はカルシウムが豊富なお魚ですが、それ以外の栄養もたっぷりです。 DHA、EPA、タウリン、ビタミンB群、鉄など豊富に含まれています。高血圧を正常化や肝機能を高め中性脂肪を取り除き血液をさらさらにしたり、脳を活性化させる作用があるので痴呆症にも効果が!まさにいいことだらけの健康魚なのです。
梶木鮪(かじきまぐろ)
梶木鮪といわれいますが、実は鮪の仲間ではありません。梶木とは、マカジキ科とメカジキ科に属する魚の総称で「鮪」とは別ものです。 高たんぱくで低脂肪な魚で、DHA、EPA、タンパク質 ・ビタミンD ・ナイアシン ・カリウムが豊富で栄養価も抜群です。動脈硬化や血栓防止、脳機能の維持改善、二日酔いの症状を軽くする作用もあります。
鰹(かつお)
初鰹という言葉の通り、春は鰹の美味しい季節です。鰹にはDHA(ドコサヘキサエン)やEPA(エイコサペンタエン)、 タウリン、ビタミンB群、ビタミンDなど栄養が豊富に含まれています。良質なタンパク質と鉄分を多く含みます。栄養価はレバー並みです。
皮剥(かわはぎ)
皮剥は高たんぱく、超低脂肪のヘルシーな魚です。脂肪分は限りなくゼロに近く、その割にEPA、DHA、ビタミンDやビタミンB12などの栄養を豊富に含んでいます。骨の強化や血液をさらさらにしたり、脳を活性化させる作用あります。ダイエットの時に強い味方になってくれる魚です。
間八(かんぱち)
間八は成長するにつれて名前が変わるので「出世魚」と言われています。中性脂肪やコレステロール低下作用がある不飽和脂肪酸のDHAやEPAが多く含まれている事で、生活習慣病予防作用があると注目の魚です。また必須アミノ酸や ナイアシンも多く含み、貧血改善作用もあります。
鱚(きす)
鱚は良質なたんぱく質に、脂質は少ないヘルシーな魚です。ミネラル類が豊富で特にカルシウムがたっぷり。亜鉛やカリウムも含まれています。 ビタミンD・EやEPA、DHAも含んでいます。ビタミンDが骨や歯を丈夫にし、カルシウムが高血圧の予防に作用します。またEPAとDHAが血液をさらさらにし、脳も活性化してくれます。
黍女子(きびなご)
ビタミンB12やビタミンDの栄養が多く、とてもヘルシーなお魚です。とくにカルシウムの吸収を助ける働きを持つビタミンDは、脂溶性ビタミンなので油脂と同時に食べるとよいです。
鰆(さわら)
鰆は出生魚として有名です。魚の大きさで名前が変わります。良質のタンパク源になりビタミンB2やナイアシンを豊富に含んでいてます。冬から春にかけては特に栄養を体に蓄えています。塩分を排出して血圧を下げる作用もあります。
鱸(すずき)
鱸は大きくなるにつれて「コッパ」、「セイゴ」、「フッコ」と名前が変わり、60cm以上になると「スズキ」となる出世魚です。良質なタンパク質に、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンD、鉄分、カリウムなども含んでいます。特に鉄分は女性が不足しがちな栄養素で、貧血予防に作用します。
泥鰌(どじょう)
泥鰌はとても栄養価の高い魚で、その栄養はうなぎに負けないぐらい高いです。カルシウムはうなぎノ10倍もあり、他にも鉄分、ビタミンA、ビタミンB2、ビタミンDを豊富に含んでいます。夏ばてにはおススメのスタミナ食材です。
飛魚(とびうお)
飛魚は高タンパク質なのに低脂肪で、低カロリーなヘルシー食材です。集中力を高めるビタミンB12や歯や骨をつくる他神経や筋肉の機能を正常に保つリンやカリウムなどのミネラルが豊富に含まれています。また、 ビタミンEとセレンの抗酸化のダブル効果があります。
鮴(めばる)
鮴は春を告げる魚です。地方では「ゴリ」「コリ」ともいいます。タンパク質が多く、ビタミンB12,ビタミンE成分が多く含まれています。DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)等の高度不飽和脂質酸には悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす作用があります。
ネットスーパー・食材宅配ランキング比較[nesupa]
© 2013 スーパーマーケット検索情報口コミサイト[Supama] All Rights Reserved.