スーパーマーケット検索情報口コミサイト[Supama]

ネットスーパー・食材宅配サービス口コミ比較

スーパーマーケット > 9月が旬の食材(野菜・果物・魚)


9月が旬の食材(野菜・果物・魚)

9月が旬の野菜

青唐辛子(あおとうがらし)
青とうがらしは、青とう、ししとう、とも呼ばれいるナス科の植物です。辛味がピーマンより強く、甘味種で小型の唐辛子です。青唐辛子は木になったまま完熟させると真っ赤になり、所謂赤唐辛子に成ります。青とうがらしは、ビタミンCを除いて、通常のピーマンよりも栄養価が高いと言われ、カロテン、ビタミンE、ビタミンB6、ビタミンC、ナイアシン、パントテン酸などのビタミン、カリウムなどのミネラルを含みます。辛味成分であるカプサイシンの効能により、胃痛、胃もたれ、むかつきなど、胃炎を予防する効果が高いことが分かっています。青とうがらしは、青とう、ししとう、とも呼ばれいるナス科の植物です。辛味がピーマンより強く、甘味
明日葉(あしたば)
明日葉はセリ科の多年草です。バランスよくビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富に含まれています。 また、血液をサラサラにする効果もあり、美容にも健康にも良い野菜です。
隠元豆(いんげん)
いんげんはとても栄養価の高い食品です。カルシウム、鉄、亜鉛、などのミネラルを豊富に含んでいます。また食物繊維が多く、疲労を回復する作用があるビタミンB1、動脈硬化や血栓を防止するビタミンB2などのビタミン群、β-カロテンやビタミンCもたっぷり。豆の部分に含まれているたんぱく質には、必須アミノ酸が多く含まれ栄養満点です。いんげんはとても栄養価の高い食品です。カルシウム、鉄、亜鉛、などのミネラルを豊富に含んでいます。また食物繊維が多く、疲労を回復する作用があるビタミンB1、動脈硬化や血栓を防止するビタミンB2などのビタミン群、β-カロテンやビタミンCもたっぷり。豆の部分に含まれているたんぱく質には
陸蓮根(おくら)
陸蓮根の独特のネバネバは、水溶性の食物繊維「ペクチン」。ペクチンには腸の動きを整え、コレステロールや血圧を下げる作用があります。またこのネバネバにはガラクタンという成分が含まれおり、脳細胞を活性化させボケを防いだり、免疫力をアップする働きがあるそうです.。他にも、カルシウム、鉄、カロチン、ビタミンCを含んでいて、夏バテ解消にはぴったりの食品です。陸蓮根の独特のネバネバは、水溶性の食物繊維「ペクチン」。ペクチンには腸の動きを整え、コレステロールや血圧を下げる作用があります。またこのネバネバにはガラクタンという成分が含まれおり、脳細胞を活性化させボケを防いだり、免疫力をアップする働きがあるそうです
南瓜(かぼちゃ)
かぼちゃは栄養成分を豊富に含む緑黄色野菜で、ビタミンE、β(ベータ)-カロチンが豊富に含まれています。ビタミンEは、「老化防止のビタミン」、「若返りのビタミン」と呼ばれおり、しみやしわをできにくくする働きがある。このほかにも肩こり、腰痛などの諸症状を和らげたり、血行不良による冷えを解消する作用もあります。また、便秘を改善し大腸がん・糖尿病の予防効果がある食物繊維、体内に蓄積されたナトリウム(塩分)を排泄し、高血圧を防ぐ働きがあるカリウム、またビタミンB群・Cもバランス良く含んでいます。
薩摩芋(さつまいも)
薩摩芋は、食物繊維 ビタミンB1 ビタミンC ビタミンE カリウムが豊富な食材です。便秘を解消させる作用だけでなく、血液中のコレステロールを低下させる作用や血糖値をコントロールする働きもあるセルロース・ペクチンなどの食物繊維や生体膜を守り、ガン細胞の増殖を抑制すると言われるβ(ベータ)-カロチン、糖質の代謝を助けるビタミンB1、「若返りのビタミン」と呼ばれ過酸化脂質が体内にできるのを抑制するビタミンEも豊富な、健康食材です。薩摩芋は、食物繊維 ビタミンB1 ビタミンC ビタミンE カリウムが豊富な食材です。便秘を解消させる作用だけでなく、血液中のコレステロールを低下させる作用や血糖値をコントロ
里芋(さといも)
里芋の主成分はデンプン質で、水分が多いので芋類の中では低カロリー。里芋独特のぬめりは、水溶性食物繊維であるガラクタンとムチンによるものです。ガラクタンは、脳細胞を活性化させ痴呆やボケを予防する効果があり、免疫性も高め、がんの発生・進行を防ぎ、風邪の予防にも働く成分も含んでいます。消化を促進する作用もあり、整腸と便秘の解消に大変効果的です。里芋の主成分はデンプン質で、水分が多いので芋類の中では低カロリー。里芋独特のぬめりは、水溶性食物繊維であるガラクタンとムチンによるものです。ガラクタンは、脳細胞を活性化させ痴呆やボケを予防する効果があり、免疫性も高め、がんの発生・進行を防ぎ、風邪の予防にも働く
椎茸(しいたけ)
椎茸は栄養豊富で、ビタミンD、ナイアシン、パントテン酸、食物繊維総量が多く含まれます。実は、椎茸は生のものよりも干したもののほうが栄養価が高い食材です。特にビタミンDは日光によって増えるため干しシイタケの方がビタミンDを多く含んでいます。キノコ類特有のレンチナン(β-グルカン)やエリタデニンという成分が含まれていて、がんの発生・進行を抑えるリンパ細胞を活性化させる作用や風邪防止作用があります。椎茸は栄養豊富で、ビタミンD、ナイアシン、パントテン酸、食物繊維総量が多く含まれます。実は、椎茸は生のものよりも干したもののほうが栄養価が高い食材です。特にビタミンDは日光によって増えるため干しシイタケの
紫蘇(大葉)(しそ(おおば))
紫蘇(大葉)は、日本の伝統的なハーブです。香りは食欲促進効果があり、ミネラルやビタミンなどの栄養価も豊富に含んでいます。また、ロズマリン酸には血糖値の上昇を抑え、血液をサラサラにし、体脂肪を下げる効果があります。老化防止成分であるアルファーリノレン酸も豊富に含まれています。骨や歯を丈夫にするカルシウム、貧血を防ぐ鉄、ナトリウム(塩分)を排出し高血圧・むくみを予防するカリウム、ビタミン類も多く含まれているスーパー野菜です。紫蘇(大葉)は、日本の伝統的なハーブです。香りは食欲促進効果があり、ミネラルやビタミンなどの栄養価も豊富に含んでいます。また、ロズマリン酸には血糖値の上昇を抑え、血液をサラサラ
湿地(しめじ)
食物繊維、ビタミンB2、カリウム、ナイアシン、が豊富に含まれています。体内の余分なナトリウムを排出し高血圧予防に効果があるとされるカリウムや、整腸作用のある不溶性食物繊維、血行をよくし冷え症対策によいとされるナイアシンなど、冬にむけての対策にもピッタリです。また、旨味成分のグルタミン酸やアスパラギン酸などのアミノ酸が非常に多く含まれているので、「香り松茸、味しめじ」といわれるように、とても美味しいです。食物繊維、ビタミンB2、カリウム、ナイアシン、が豊富に含まれています。体内の余分なナトリウムを排出し高血圧予防に効果があるとされるカリウムや、整腸作用のある不溶性食物繊維、血行をよくし冷え症対策
ズッキーニ
胡瓜に似ていますが、かぼちゃの仲間です。食感はなすに似ています。ズッキーニには、カリウム、カルシウム、鉄、カロチン、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2などが豊富に含まれいます。高血圧予防、心筋梗塞予防、脳梗塞予防、動脈硬化予防の作用があります。特徴的な栄養素はありませんが、血圧を下げる効果が期待できるカリウムや抗酸化作用のあるβカロテンなどバランスよく栄養成分が含まれています。
青梗菜(ちんげんさい)
中華料理でおなじみの青梗菜には、ビタミンC、β(ベータ)-カロチンなどのビタミン群、鉄・カルシウム・リンなどのミネラル成分、食物繊維を豊富に含み、特にβ-カロチンはピーマンの約6倍も多く含んでいます。ガンを予防やカゼの予防に役立つほか、青梗菜に含まれるミネラル類は胸やけや胃のむかつきにも作用します。また、メラニンの生成を抑制し、肌を白くするなど美肌効果があり、女性にとっては大変うれしい食材です。中華料理でおなじみの青梗菜には、ビタミンC、β(ベータ)-カロチンなどのビタミン群、鉄・カルシウム・リンなどのミネラル成分、食物繊維を豊富に含み、特にβ-カロチンはピーマンの約6倍も多く含んでいます。ガ
蔓紫(つるむらさき)
蔓紫は大変栄養価の高い緑黄色野菜です。 カロチン 食物繊維 ビタミンB群 カルシウム ビタミンC 鉄などを豊富に含み、その栄養価は法蓮草よりも優れています。疲労回復や高血圧予防、むくみの改善、大腸がん予防、骨や歯を丈夫にし骨粗鬆症を予防、貧血の予防など栄養満点で健康野菜です。
冬瓜(とうがん)
冬瓜は95%が水分で低カロリーでダイエット食材です。カリウムを含むので利尿効果があり、昔からむくみとりに用いてきました。高血圧にも効果的です。冬瓜は95%が水分で低カロリーでダイエット食材です。カリウムを含むので利尿効果があり、昔からむくみとりに用いてきました。高血圧にも効果的です。
茄子(なす)
茄子の大部分は水分ですが、体を冷やす作用があります。ビタミンB群・Cなどのビタミン、カルシウム・鉄分・カリウムなどのミネラル成分、食物繊維などをバランス良く含んでいます。茄子には、皮に紫黒色の色素「アントシアニン」、一般になすのアクと呼ばれるクロロゲン酸などの抗酸化成分「ポリフェノール」が含まれていて、成分は、体の老化を防ぐ、動脈硬化の予防、がんの発生・進行を抑制するなどの作用があります。
苦瓜(にがうり)・ゴーヤ
苦瓜は、ビタミンCを大変豊富に含んでいます。通常加熱すると減ってしまうはずのビタミンCが、加熱しても減少しにくいのが苦瓜のすごいところ。免疫力を高めるのに効果的です。苦味成分が消化を助け、夏バテ、食欲不振、糖尿病の予防にもつながります。ビタミンAも豊富に含んでいることから、眼精疲労の改善にも作用します。
舞茸(まいたけ)
舞茸は、独特の食感が人気のきのこです。タンパク質や糖質のほか、カリウムや鉄などのミネラル、ビタミンB群やビタミンD、食物繊維など豊富な栄養素がたっぷりのきのこです。また、糖質のグルカンという多糖類は、免疫機能を回復させ、ガン細胞の増殖を食い止める作用があります。低カロリーなヘルシー食材です。
松茸(まつたけ)
秋の味覚の王様といわれる高級食材松茸ですが、ビタミンB2、D、カリウム、食物繊維、ナイアシン、エルゴステリンも多く含んでいてます。まつたけ独特の香り成分は「マツタケオール」という成分で、この松茸独特の香りの成分にがんの予防効果があると注目されています。
ネットスーパー・食材宅配サービス口コミ比較

9月が旬の果物

無花果(いちじく)
老長寿の果物と言われるほど、 いちじく 栄養価や 薬効が高い果物です。いちじくは水溶性食物繊のペクチンを沢山含んでおり、腸の活動を活発にさせ、便秘に作用します。また、ベストアルデヒドは抗ガン物質でガンにも効果的。たんぱく質を分解する酵素フィシンも含んでいるので、消化を助け胃の負担を軽減します。カリウムなどのミネラルも含まれており、とても優等生な果物です。
香母酢(かぼす)
薬味の一つとして良く使用される香母酢は、ビタミンCの宝庫。ビタミンCは皮膚や筋肉、血管、骨の強化に欠かせないコラーゲンの合成に深く関わっているビタミンです。お肉やお魚、貝類と一緒に摂ると鉄分の吸収を高めてくれます。また、クエン酸も豊富で疲労回復効果があります。カボスの皮に含まれるスダチチンという成分は、脂質の代謝を改善し、体重増加を抑制する効果がある事が確認されています。
シークワーサー
沖縄の特産物として有名なシークワーサーは、フラボノイド(黄色系の色素)の一種「ノビレチン」という成分が豊富で、血糖値の上昇や高血圧を抑える作用があることが確認されています。クエン酸も豊富で疲れたときなどに効能を発揮します。
酢橘(すだち)
酢橘も、柑橘類に含まれているクエン酸が豊富で体内の新陳代謝を盛んにして、血液を新しくする力があります。そのため疲労回復に効果があります。血糖値の上昇を抑制する作用があります。
梨(なし)
梨は約半分が水分です。ショ糖と果糖で、リンゴ酸、酒石酸、クエン酸、ビタミンは、B1、B2、C、カリウム、鉄分、アスパラギン酸を少しずつ含んでいます。また、肉類のタンパク質を分解する作用がある消化酵素もあるので、消化を助けます。夏の暑さに疲れた体への水分補給にも最適です。健康に良い免疫力を高める食べ物です。
葡萄(ぶどう)・マスカット
葡萄は、ヨーロッパではその栄養価の高さから「畑のミルク」と呼ばれています。葡萄は、クエン酸、ビタミンA、B1、B2、C等の栄養素は他の果物に比べ平凡なものの、カリウム、鉄、亜鉛、銅等のミネラルが豊富です。産前産後の妊婦の方にはお勧めです。また葡萄でいえば、ポリフェノールです。抗酸化の作用を持っています。活性酸素などによる老化防止、発ガン抑制の効果があります。
ネットスーパー・食材宅配サービス口コミ比較

9月が旬の魚

鰯(いわし)
鰯はカルシウムが豊富なお魚ですが、それ以外の栄養もたっぷりです。 DHA、EPA、タウリン、ビタミンB群、鉄など豊富に含まれています。高血圧を正常化や肝機能を高め中性脂肪を取り除き血液をさらさらにしたり、脳を活性化させる作用があるので痴呆症にも効果が!まさにいいことだらけの健康魚なのです。
鰹(かつお)
もどり鰹という言葉の通り、秋は脂ののった鰹の美味しい季節です。鰹は良質はタンパク質、ビタミンB1、ビタミンB6、B12、ナイアシンなどのB群、鉄分などのミネラル類を多く含んでいます。脳の活性化や目にいい成分DHA。B12は、赤血球の生成を助け、鉄分とともに貧血を予防。カルシウムの吸収を助けて骨粗しょう症を防ぐビタミンD。とその栄養素はレバー並。他にも血液サラサラ効果や疲労回復、高血圧、動脈硬化、肝臓疾患などの生活習慣病にも作用します。
間八(かんぱち)
間八は成長するにつれて名前が変わるので「出世魚」と言われています。中性脂肪やコレステロール低下作用がある不飽和脂肪酸のDHAやEPAが多く含まれている事で、生活習慣病予防作用があると注目の魚です。また必須アミノ酸や ナイアシンも多く含み、貧血改善作用もあります。
鮭(さけ)
秋鮭というように、この時期の鮭は脂がのって美味しい季節です。栄養価も高まっており、是非食べて欲しい食材です。鮭にはビタミンB群(B1、ナイアシン、B6、B12)、アスタキサンチン、D、HAやEPAが豊富に含まれています。アスタキサンチンは、ビタミンEの200倍の抗酸化力で体内の細胞を守ります。ビタミンB郡には、成長促進、消化を助ける、胃腸障害を和らげる、血液循環をよくする作用があります。動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞・糖尿病など生活習慣病(成人病)の予防効果があり、体にもお財布にも美味しい食材です。
秋刀魚(さんま)
秋の味覚の代表格の1つである秋刀魚は、健康に良い栄養素がたっぷり。必須アミノ酸をバランス良く含んだ良質のたんぱく質や貧血防止に効果のある鉄分、粘膜を丈夫にするビタミンA、また骨や歯の健康に欠かせないカルシウムと、その吸収を助けるビタミンDも多く含まれており、まさに栄養の塊。他にもビタミンB12、ナイアシン、ビタミンB6、ビタミンB2、リン、EPA、DHAが豊富に含まれています。
白子(しらす)
主にイワシの稚魚のことをしらすと呼んでいます。脇役的な存在ですが、その栄養価はとても高いです。イアシン、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、亜鉛が豊富で、さらに高タンパク低脂肪です。
太刀魚(たちうお)
太刀魚は刀の太刀ににていることからこの名前が付きました。太刀魚には動脈硬化や心筋梗塞を予防するEPAや、ボケ防止や記憶力、集中力を高めるDHAが豊富に含まれています。また、カリウム、 ビタミンD、 ビタミンEも含んでいます。脂が多いのにそんなに感じないのは、オレイン酸が多いから。悪玉コレステロールと減らしてくれるので、安心して食べることができます。
鮑(あわび)
誰もが知っている高級食材ですが、鮑はその栄養価もすごいのです。グルタミン酸やグリシン、ペタインの甘味にグリコーゲンなどが加わり、干物にするとカルシウムは4倍近くに増えます。ビタミンB1、B2も多いので疲労回復や美容にも効果 があります。また、精力増強、動脈硬化、高血圧、視力低下の予防、肝臓機能の向上の作用もあります。
鰑烏賊(するめいか)
スルメイカにかぎらず、イカにはタウリンが沢山含まれており、胆汁の分泌を促進し、肝臓の働きを助け、 肝機能を高める作用があります。低脂肪、低カロリーそして高タンパクな食品です。ビタミンB群やビタミンE、ミネラル含有量も高く、中でもビタミンB6はタンパク質の吸収率より良くする効果があります。
いくら
いくらは産卵前の鮭の卵を塩漬けや醤油漬けにしたものです。バラ子とも呼ばれています。膜を破らずに塩漬けしたものが「すじこ」です。いくらはコレステロールが多いですが、不飽和脂肪酸のDHAやEPAなどが豊富に含まれているので、逆に体内のコレステロール値を下げ、生活習慣病の根源である動脈硬化の予防や老化防止に作用します。他にも目に良いビタミンAやビタミンB12、ビタミンD、ビタミンE、銅、 たんぱく質等が多く含まれます。
車海老(くるまえび)
車海老には、ビタミンB12、銅、たんぱく質、リン、ナイアシンが多く含まれます。殻に多く含有されるキチンには、腸内を綺麗にする不溶性食物繊維です。このキチンは、コレステロールなどを排泄してくれます。高たんぱくで低脂肪となるため、ダイエットなどには適した食材です。
毛蟹(けがに)
毛蟹はビタミンB12、銅、亜鉛、ビタミンE、たんぱく質、リン、糖質や脂質の代謝を良くするビタミンB2、ナイアシンが多く含まれているので、美味しいうえに太りにくいという点が魅力です。また魚介類に多いタウリンもしっかり含まれています。肝機能を強化するとともに、血中のコレステロールを抑え、また眼精疲労にも効果あるアミノ酸の一種です。
昆布(こんぶ)
昆布(こんぶ)には、様々な海洋ミネラル成分が豊富に含まれていて、特に基礎代謝を活発にしたり、交感神経に作用してたんぱく質や脂質・糖質の代謝を促進する働きがあるヨウ素は海藻類の中で最も多いです。また、ラ高血圧・脳卒中予防に効果的なラミニンや、精神安定剤のように作用する働きがあカルシウムを多く含みます。
胡麻(ごま)
不老長寿の秘薬といわれるほど栄養価の高い胡麻は、実は高カロリー食材。主成分は 脂質、タンパク質だが、脂質のリノー ル酸は必須脂肪酸で、コレステロール値を低下させる作用があり、タンパ ク質はアミノ酸組織のバランスにがとれた食材です。また、食物繊維、カルシウム、鉄分、γ-トコフェノール(ビタミンE)や、セサミ ン、セサミノール、セサモールも含まれています。抗酸化作用や、コレステロール抑制、動脈硬化 ・高血圧予防、がん細胞の成長抑制、肝機能増強、アルコール分解促進、 老化抑制、さらに美容効果も。
ネットスーパー・食材宅配ランキング比較[nesupa]
© 2013 スーパーマーケット検索情報口コミサイト[Supama] All Rights Reserved.